Bahasa Indonesia

インドネシア語検定試験 C級の問題内容とは

はじめに:C級の問題をまとめようとした理由

インドネシア語検定試験-B級の問題内容についての記事を書いている時に、

Hideyuk
Hideyuk
「そう言えば、インドネシア語検定の試験内容の情報が無くて困ったな」

と思ったのがきっかけです。前回のD級に続きC級です。これでこのシリーズは終了になります。

今回の過去問まとめ範囲

今回の過去問は、先日購入した2020年1月の第56回と2020年7月の第57回の2回の内容になります。直近のものなので21年も大きく内容が変わることは無いと思いますが変更があるようでしたら修正していきます

インドネシア語検定 C級とは

C級のレベル

日本インドネシア語検定協会のホームページの「評価基準と審査内容によると

C級

商品の取扱説明書、広告などを読み、日常生活について手紙を書いたり、一般的な日常会話ができる。 日常生活に必要なインドネシア語を理解し、使用できる。

読む:取扱説明書、広告などを読み、理解することができる。

書く:手紙、メール、日記など日常生活の話題について書くことができる。

聞く:日常会話の内容を理解することができる。

話す:日常会話を話すことができる。

語彙力と慣れにもよりますが、生活には困らないレベルだと思います。

C級の合格率はどのくらい?

同じくサイトによると

第54回
2019年1月
第55回
2019年7月
第56回
2020年1月
第57回
2020年7月
第58回
2021年1月
出願者数合格者数出願者数合格者数出願者数合格者数出願者数合格者数出願者数合格者数
4981435071335461342345728564

です。

合格率は54回から58回で25.7%となります。難易度が上がったのがわかりますね。

インドネシア語検定試験 C級の構成

試験の構成は以下のとおりです。

UKBIの構成(日本インドネシア語検定協会のホームページ 「設問数・設問形式」より)について説明します。

  1. 読解:Soal Teks 10問:選択問題(四者択一)
  2. 語彙:Soal Tata Makna 10問:選択問題 (四者択一)
  3. 文法:Soal Tata Bahasa  10問 :選択問題 (四者択一)
  4. 作文:Soal Terjemahan dan Penyusunan Kalimat  10問 :選択問題 (四者択一)
  5. リスニング 10問:選択問題 (四者択一)

:合計50問です。試験時間は筆記試験80分・リスニング15分です。

Soal Teksについて

C級から問題の題名、問題文もインドネシア語になっています。構成は上に書いたとおりで基本的にE,D級と同じです。

問題文

Hideyuk
Hideyuk

日本インドネシア語検定協会のホームページ にあるC級の読みのレベルは、「取扱説明書、広告などを読み、理解することができる。」となっています。56回と57回はそれぞれKompas新聞の記事とTaman mini IndahのWebサイトの内容でした。

約260-280単語・4 パラグラフの文章を読み解く読解問題です。

問題文の中に穴あきが2つあり後の問題に繋がります。

問題

問題の内容は、

  • 空欄似合う語句を選択する:前置詞
  • パラグラフの内容に合う文を選択する:2から3問程度
  • 本文の内容についてYes,Noで答える問題文を載せて、Yes,No及び理由の文を読んであっているものを選択する
  • 空欄に当てはまる文を選択する
  • 問に対し、Teks文に合う内容を選択する
  • Teks全体について正しく述べている文を選択する
  • 56,57では問題の中の場所(観光地等)の所在地を選択する:Teks中にあります。

Soal Tata Maknaについて

Hideyuk
Hideyuk

語彙に関する問題です。B級にもつながることわざ、含意(konotasi)の問題も出てきます。

語彙問題内容

  • 文を完成させるme-動詞を選択
    例:4つのme-動詞から文に合うmenunggang(跨る)を選ぶ
  • 文を完成させる名詞を選択
    例:4つの名詞から文にあうlarangan(禁止)を選ぶ
  • 文中の略語の元の語句を選択
    例:SIM:Surat Izin Mengemudiを選ぶ
  • 問題文の下線と同じ意味を表すkonotasi(含意)を選択
    例:bekerja kerasから同じ意味を表すmembanting tulang
  • 問題文の下線のある語句の同意語を選択
    例:berseteruの同意語berbusuhanを選択
  • 問題文の下線のある語句の反意語を選択
    例:eratの反意語renggangを選択
  • 文を完成させる接辞ter-が付く語句を選択
    例:4つのter-の付く語句からterbebasを選択
  • 問題文の下線のある語句の日本語訳を選択
    例:mandiriの日本語訳「自立する」を選択
  • 問題文の内容に合うことわざを選択
    例:始めはこうだったのに成功すると高慢になったからBagai kacang lupa kulitnya.を選択

Soal Tata Bahasa

Hideyuk
Hideyuk

文法問題です。接辞の意味がある語句を選ぶ等B級に近い気がします。内容は問題の文を理解出来れば選択出来ると思いますが、それが難しいんですよね。

文法問題の内容

  • 問題文の空欄に入る基語から文に合う品詞を選択
    例:基語gunaから文に合うdigunakanを選択
  • 問題文の空欄に入る基語から文にある動詞を選択
    例:基語pasanからmemesankanを選択
  • 問題文の空欄に入る前置詞を選択
    空欄の前後を見て合うも(意味がおかしくないもの)のを選択
  • 問題文の空欄に入る接続詞を選択
    空欄の前後の文のつながりを理解して選択します。
  • 下線の語句の綴の間違いを選択
    例:2つの単語が組み合さる語句が出題:「bekerjasama」を選択
  • 接辞の持つ意味含んだ語句を選択:3問(第56,57とも)
    例:接頭辞”ter-“の「つい〜する」という意味を含む語句”terkenang”を選択
  • 関節話法の問題文を直接話法にしたときの文を選択
    問題文の人の関係を理解して合う文を選択:人称の把握が必要です。

Soal Terjemahan dan Penyusunan Kalimat

Hideyuk
Hideyuk

日本語-インドネシア語訳:3問

インドネシア語-日本語訳:3問

5つの語句を並び替えて文にする問題:2問

問題文を受動態にする問題:1問

問題文を能動態にする問題:1問

  • 日本語-インドネシア語訳:自分は、消去法で考えています。回答分の語句と問題文を比較して違うと思った回答分を消去して行きます。
  • インドネシア語-日本語訳:これも同じ様な考え方です。4つの回答分の違う箇所と問題文を比較して消去していきます。
  • 5つの語句を並び替えて文にする問題:主語述語、前置詞島の語句を見て、問題の順番に並べて合う物を選択します。
  • 問題文を受動態にする問題:主語と目的語、動詞を確認します。人称でどの様な受動態になるか考えて回答分をチェックしていきます。
  • 問題文を能動態にする問題:受動態にするのと逆ですね。

Soal Menyimak

Hideyuk
Hideyuk

リスニング問題です。単純な質問に対する答えではなく、質問文が聞き取れて理解することが重要になります。

引っ掛け問題(質問文と同じ単語を使う、似た単語を使う等)もあるようです。過去問を何度も聞く(内容を理解してきちんと聞き取れるまで)事が一番良いと個人的には思います。

最後に

如何でしたでしょうか?皆さんの参考に慣れば幸いです。

C級はレベルがE,D級に比べてとても難易度が上がる気がします。その後のB級もそうです。勉強方法については色々と調べて実践していきたいと思います。実践したことに付いては記事にまとめてBlogで発信していきます。

単語の覚え方等Hideyukが書いた記事のリンクを参考に掲載しておきます。